≪環境課 業務内容≫

             既存文献環境調査
             風況調査
             新エネルギービジョン作成
             騒音振動測定

 私たち技術部環境課は、地域の環境要素について調査を行い報告書としてまとめる部署です。

最近、地球温暖化が問題となっています。地球温暖化とは、大気中の温室効果ガス濃度が増加し、これに伴って太陽からの日射や地表面から放射する熱の一部がバランスを越えて温室効果ガスに吸収されることにより気温が上昇する現象です。
 化石燃料の燃焼に伴い発生する二酸化炭素は、地球温暖化の大きな原因とされており、「地球温暖化防止京都会議(COP3)」により、二酸化炭素の削減目標が定められました。我が国は2008〜2012年の期間中に1990年の二酸化炭素排出量から6%削減するとの目標が定められました。
 環境課では、この目標を達成するため、新エネルギーを導入するビジョンの策定をお手伝いしております。

再生可能エネルギーである風力発電は、一定以上の風速等の条件が必要であり、また、風速等によって、効率的な発電規模を決定する必要があります。
 環境課では、この風速等の調査・解析を行い、効率的な風力発電を行うお手伝いをしております。

大規模な土地の改変等の事業を行う際には、その地域の環境を把握し、その環境にあった方法等により実施する必要があります。
 環境課では、既存文献により、その地域の環境を調査し、事業実施のお手伝いをしております。